BLOG

2015年10月13日

透明な窓がそのまま太陽電池に ~今週の気になるガジェット~


今回ご紹介するのは、どこでも発電が出来るようになる技術です。

透明な窓がそのまま太陽電池に、蓄電もできるテクノロジーに注目 GIZMODO 2015/9/3

スマートウォッチ「wena wrist」

“いつか家の窓から太陽光充電ができるようになるかもしれません。
工学院大学の佐藤光史氏の研究室では、薄膜でできた透明な太陽電池を研究開発(2013年に半透明なリチウムイオン2次電池を開発し、論文でも発表しています)、透明な窓がそのまま大面積の蓄電池となって、しかも太陽電池としての機能を持つ「スマートウィンドウ」の実用化を目指しているそうです。“

この技術、結構凄いかもしれません。高層ビルの全ての窓で発電&蓄電が出来れば、ビルの電力のかなりの部分がまかなえる可能性もありますよね。太陽光パネルの設置が出来なかったマンションなどでも利用出来ますね。まだまだ発電効率やコストなどの問題はありそうですが、近い将来期待出来そうな技術ですね。


たけし
たけし
広報担当

入社9年目で今年31歳になります。マーケや広報的な仕事をしている自称マーケッタです(^_^;)
弊社イーフローが取り組んでいる業界の動向や僕が気になった記事を不定期で紹介していきます!